羽生結弦選手の2014-2015シーズン ショートプログラムの使用曲は?

スポンサーリンク

フィギュアスケートのソチオリンピックの金メダリスト、羽生結弦選手の新シーズンのSP使用曲が発表されました。

羽生結弦選手の2014-2015シーズン ショートプログラムの使用曲は?

2013-2014シーズンは、グランプリファイナル、全日本選手権、オリンピック、世界選手権と大きな大会を総ナメにした羽生選手。その活躍は記憶に残っているのではないでしょうか。

羽生選手が新たに選んだ曲

昨年のショートプログラムでは『パリの散歩道』という曲を使用していましたね。妖艶なステップに、脚を開いての決めポーズはフィギュアファンにはおなじみでした。

フィギュアスケート選手は昨年使ったショートプログラムの曲をそのまま使用する場合もあるのですが、羽生選手はあえて進化し続けるために、新しい曲にチャレンジすることを発表しました。

それがピアノ曲『バラード第1番』(ショパン作曲)です。2014年6月27日に横浜市内で行われたアイスショーでお披露目されました。曲はこんな感じです。

演技後半にも4回転ジャンプがプログラムに入っており、後半はステップ中心だった昨年の『パリの散歩道』とはかなり雰囲気は変わりそうです。

どんな演技を魅せてくれるのか、今年も羽生選手から目が話せませんね。

こちらの記事もオススメです