高校野球の甲子園大会で150km/h以上を記録した投手は?

スポンサーリンク

高校野球の歴史の中で球速150km/hを記録した歴代の投手を調べてみました。

甲子園で球速150kmhを記録した高校生は

春の選抜、夏の選手権には、これまでも怪物と騒がれた速球投手がたくさん出場してきましたが、球速150km/hを超えた投手はたくさんいません。

高校生の球速にまつわる小話
20年ぐらい前まで、速球投手であるかどうかの基準は「140km/h以上の球を投げれるかどうか」でした。

横浜DeNAベイスターズ読売ジャイアンツで活躍している金城龍彦選手が、近大附属高校2年のときに投手として夏の甲子園に出場しました。

このときのふれこみが「140キロを投げるピッチャー」でした。いまでいう150キロだと理解すればいいでしょう。

金城選手が出場したのは、ちょうど20年前のですから、この20年で高校野球の投手の球速は10キロ速くなったということですかね。

ちなみに金城選手が制した大阪大会からは後にプロ選手選手となる選手が数多く出場しています。

PL学園3年には松井稼頭央、北陽(現・関大北陽)2年にはオリックスで二刀流として話題を集めた嘉勢敏弘、東海大仰星3年にはまだ無名の上原浩治と建山義紀など、豪華なメンバーが出場していました。

ではこれまで甲子園で150キロを記録したのはどんな顔ぶれなのでしょうか。

高校野球の甲子園大会で150キロ以上を記録した投手

年度大会選手高校球速対戦相手
1998選手権新垣渚(沖縄・沖縄水産)1511回戦 埼玉栄戦
1998選手権松坂大輔(神奈川・横浜)1512回戦 鹿児島実業戦
2001選手権寺原隼人(宮崎・日南学園)1582回戦 玉野光南戦
2005選抜山口俊(大分・柳ヶ浦)1511回戦 天理戦
2005選手権辻内崇伸(大阪・大阪桐蔭)1561回戦 春日部共栄戦
2005選手権田中将大(南北海道・駒大苫小牧)150決勝 京都外大西戦
2006選手権大嶺祐太(沖縄・八重山商工1513回戦 智弁和歌山戦
2007選手権佐藤由規(宮城・仙台育英)1562回戦 智弁学園戦
2007選手権岩崎翔(千葉・市船橋)1501回戦 文星芸大付戦
2008選抜平生拓也(三重・宇治山田商)1531回戦 安房戦
2009選手権菊池雄星(岩手・花巻東)1552回戦 東北戦
2009選手権今宮健太(大分・明豊)154準々決勝 花巻東戦
2009選手権秋山拓巳(愛媛・西条)1502回戦 明豊戦
2010選抜西浦健太(奈良・天理)1531回戦 敦賀気比戦
2011選手権北方悠誠(佐賀・唐津商)1532回戦 作新学院戦
2011選手権釜田佳直(石川・金沢)1533回戦 習志野戦
2011選手権大谷翔平(岩手・花巻東)1501回戦 帝京戦
2012選抜藤浪晋太郎(大阪・大阪桐蔭)153準々決勝 浦和学院戦
2013選手権安楽智大(愛媛・済美)1552回戦 三重戦
2015選抜高橋純平(岐阜・県岐阜商)1551回戦 松商学園戦
2015選手権小笠原慎之介(神奈川・東海大相模)1512回戦 聖光学院戦
2016選手権高田萌生(岡山・創志学園)1522回戦 盛岡大付戦
2016選手権今井達也(栃木・作新学院)1523回戦 花咲徳栄戦

これを見ると甲子園で高校生が初めて150キロを投げたのが1998年の選手権ということになります。

それ以後、たくさんの選手が記録していますが、ほとんど選手がプロ野球の世界へと羽ばたいています。

そう考えると、高校生で150キロを投げるということは、飛び抜けた存在だということでしょう。
また赤字で示したのが左投手ですが、右投手に比べると少ないことが分かりますね。

高校生の150キロ左腕はかなりすごいってことですね。

これからも150キロを投げる投手が現れたときには要チェックですよ。

※2015/8/17 追記・修正

こちらの記事もオススメです