高校野球のユニフォームの規定や着方

スポンサーリンク

高校野球のユニフォームの地味すぎる?もっと派手な色を着ちゃダメなの?

今回は高校野球のユニフォームについて規定や着こなしについて考えてみましょう。

高校野球のユニフォームの規定や着方

いま夏の高校野球が開催されていて、連日熱戦が繰り広げられています。テレビで観戦している方も多いのではないでしょうか。

高校野球を観戦していて、1つ気になることがあります。それはユニフォームがえらい地味だということです。

以前から「何か規定があるのかな?」と疑問に思っていたので、今回は高校野球のユニフォームについて調べて見ました。

スポンサーリンク



細かい規定

まず高校野球で使用される用具については、日本高校野球連盟が定めた高校野球用具の使用制限という決まりがあります。

春や夏の甲子園大会だけでなく、地方大会や軟式野球の大会でもこのルールは適用されます。

まずはこれを覚えておいてください。

ではユニフォームにはどんなルールがあるのでしょうか。

「何色でないとダメ」とは決められていません。ただし上下の色が違うのはダメです。

実際には白系が圧倒的に多く、クリーム色(石川県・星陵)、青色(滋賀県・近江、神奈川県・横浜商)、その他(岩手県・花巻東、宮城県・仙台育英、神奈川県・横浜、熊本県・熊本工など)があります。

あと色以外のアレンジとして、ストライプを入れるのはOKです。(埼玉県・浦和学院、東京都・帝京、神奈川県・東海大相模、静岡県・常葉菊川など)

ズボンに関しては、あまりダボダボのものや変形が強いものは認められていません。

ですから高校野球でこういうダボパンはルール上ダメです。

マーク

都道府県や地名、校名、校章などはOKですが、「ミズノ」や「アシックス」「アディダス」などメーカー名はつけられません。

背番号

襟から番号の上端までが13㎝になるように付けるようですが、これについては15cmと書いているものもあったので、おそらくそれぐらいの位置に付けるのだと思います。

ベルト

黒または紺でエナメルはダメ

アンダーソックス

おおまかにはこのようなルールがあります。

まとめ

高校野球のユニフォームの規定や着方についてまとめました。

ここから読み取れることが2つあります。

1つはスポーツメーカーのマークは名前を出さないこと。これはスポーツ用具メーカーの宣伝的要素が前面に出ないようにするための配慮ですね。

高校サッカーはこのあたりの規定が緩くて、ユニフォームの胸におもいっきりメーカーのロゴが入っています。

もう1つは野球というスポーツの特徴で、礼儀を重んじて派手さを嫌う傾向があるからだと思います。

プロ野球選手でも球団全体として移動するときには、球団から支給されたスーツの着用が義務付けられていますし、読売ジャイアンツであれば茶髪やヒゲなど派手に見られるようなファッションを禁じています。

ですからあまり派手派手しいユニフォームにはならないのでしょうね。

これから高校野球を観戦するときには、これらをふまえユニフォームもぜひチェックしてみてください。

こちらの記事もオススメです