葛西紀明選手が出場したオリンピックでの成績は?

スポンサーリンク

スキー界のレジェンド・葛西紀明選手が出場したオリンピックでの全成績をお伝えします。

葛西紀明選手のオリンピック全成績

ソチオリンピックが開催中で、日本代表選手の活躍が連日テレビで放送されていますね。

その中でも特に注目したいのが、日本代表選手団の主将・葛西紀明選手の活躍です。

葛西選手といえば、今回ソチオリンピックに参加した選手の中では最年長で、オリンピックには1992年のアルベールビルオリンピックから7大会連続で出場しています。

その葛西選手も、実はこれまでのオリンピックでは良い成績だったわけではなく、悔しい思いもしてきました。

葛西選手の全てのオリンピックを振り返ってみましょう。

葛西選手のオリンピックの全成績

大会名種目成績
1992アルベールビルノーマルヒル31位
ラージヒル26位
団体4位
1994リレハンメルノーマルヒル5位
ラージヒル14位
団体2位
1998長野ノーマルヒル7位
2002ソルトレークノーマルヒル49位
ラージヒル41位
2006トリノノーマルヒル20位
ラージヒル12位
団体5位
2010バンクーバーノーマルヒル17位
ラージヒル8位
団体5位
2014ソチノーマルヒル8位
ラージヒル2位
団体3位

アルベールビル

初出場となったアルベールビルオリンピックが高校を卒業した1年後の19歳のとき。このときはワールドカップでの優勝経験もなく、まだまだ期待の新鋭という扱いでした。

リレハンメル

21歳で迎えたリレハンメルオリンピックでは、期待の新鋭という立場から一枚皮が向けて成長していたが、チームには西方や原田といった先輩ジャンパーがおり、まだまだ若手のホープという扱いでした。

このときのノーマルヒル5位が、自身のノーマルヒルの最上位の記録。

長野

自国で迎えた長野オリンピック。このとき25歳。選手としては最盛期を迎えていた。

ただし長野オリンピックではノーマルヒルに出場したのみ(7位)。ケガの影響もありあの有名な団体金メダルのメンバーからは外されていた。

ソルトレーク

選手としては脂が乗りきった29歳。長野オリンピックの団体戦のメンバーから外された悔しさを胸に4年間戦ってきた。

しかしノーマルヒル49位、ラージヒル41位と、後にも先にもオリンピックでの自身最低の成績をここで記録してしまう。

ただし競技後には「金メダルをとるまで辞めない」と力強く宣言しており、競技の続行を宣言した。

トリノ

ノーマルヒル、ラージヒルともに、ソルトレークの成績を上回る。

このオリンピックを最後に長年ジャンプ競技を背負ってきた原田雅彦が引退を決める。

バンクーバー

スキーのジャンプ競技者としては異例の37歳で迎えたバンクーバーで、ノーマルヒル17位、ラージヒル8位、団体5位と全てでトリノオリンピックを上回った。

さらに大会後には「まだまだ辞められない」と宣言している。

ソチ

日本選手団の主将として41歳でオリンピックを迎える。自身の競技に影響を及ぼすことも覚悟で、精力的に他競技の応援にも駆けつけた。

ノーマルヒルで8位に入賞すると、ラージヒルでは2位で銀メダル。7大会目にして初の個人種目メダルを獲得した。

ただし競技後のインタビューでは「6:4で悔しい」と嬉しさより悔しさを口にしており、さらに「金メダル獲得に足りないものを学んだ」と4年後の平昌オリンピックを見据えた発言もしている。

こちらの記事もオススメです