外付けモニター ProLite XUB2390HS-B2の詳細レビュー

スポンサーリンク

今回は外付けモニター iiyama ProLite XUB2390HS-B2のレビューです。

高さ調整など、固定式ではない外付けモニターをお探しの方は必見ですよ。

仕事柄パソコンに向かうことが多いのですが、外で使うことも多いので持ち運びできる13インチのノートパソコンを使用しています。

小型のノートパソコンを使ったことがある方なら分かると思うのですが、目線が下になっちゃうんですよねぇ。

こんな感じで。

外付けモニター ProLite XUB2390HS-B2のレビュー1

そうすると姿勢が絶対悪くなるので、肩こりや腰痛の原因になります。

そこで以前から外付けモニターに興味があり、座ったときの目線の高さに合わせられるものを探すことにしました。

価格.comを参照に調べたのですが、回転できるタイプのモニターはあるのですが、高さ調節できるモニターってあまり売られていません。

かなり調べて、結局今回私が選んだのがiiyamaのXUB2390HS-B2です。

スポンサーリンク



XUB2390HS-B2選んだ理由

この外付けモニターを選んだ理由を簡単に書いておきます。

値段を調べれば分かりますが、特段安いということはありません。

でも先ほども述べましたが、モニターの高さを調節できるタイプはあまり多くありません。

その時点でかなり商品が絞られるのですが、さらに画面回転(ピボット機能)にも興味があったので、さらに絞られます。

結局AcerやLG、DELLなど他のメーカーと比較して、「やっぱり日本製がいいなぁ」と思ってこちらに商品を選びました。

ちなみに、ノングレア(非光沢)とHDMIが使えるいう条件を除いては、コントラスト比、応答速度、パネルの種類などには一切こだわりませんでした。

理由は簡単で、違うモニターを2台買うわけじゃないので比べられませんし、素人にはそんなに違いが分かりません。

もっといえば、大手家電量販店で画像を確認して購入しても、家ではなんか違う感じってこともよくある話で。

あくまで今回は可動式の外付けモニターとして、XUB2390HS-B2の使い勝手はどうなのかということについてお伝えしようと思います。

スポンサーリンク



開封の儀からセッティングまで

ではレビューをしていきたいと思います。

実際に届いたのがこちら。

外付けモニター ProLite XUB2390HS-B2のレビュー2

思っていたより大きかったです^^; 「もうちょっと小さいのにしとけば良かった・・・。」と思っても後の祭。

いざ、開封の儀。

外付けモニター ProLite XUB2390HS-B2のレビュー3

発泡スチロールがめちゃくちゃぴったりしていて、なかなか引き出せません。

外付けモニター ProLite XUB2390HS-B2のレビュー4

モニターは縦になって発泡スチロールに収められています。

外付けモニター ProLite XUB2390HS-B2のレビュー5

モニターと台座です。

外付けモニター ProLite XUB2390HS-B2のレビュー6

付属品はこちら。

外付けモニター ProLite XUB2390HS-B2のレビュー7

説明書いは内容物はこう書かれていますね。

外付けモニター ProLite XUB2390HS-B2のレビュー8

HDMIを含め、DVI-Dケーブルなど一通りそろっています。

早速、組み立てていきます。

とは言っても、台座を付けるだけです。モニターの下に穴が3箇所に開いていています。

外付けモニター ProLite XUB2390HS-B2のレビュー9

そこに3本ネジを入れて固定するだけです。

外付けモニター ProLite XUB2390HS-B2のレビュー11

分かりにくいかもしれませんが、持ち手がついているのでドライバーも要りません。

外付けモニター ProLite XUB2390HS-B2のレビュー12

スポンサーリンク



どれだけ可動するの?

そしてここからがこの記事のメインになりますが、どれだけ可動するかです。

XUB2390HS-B2は

水平回転(首の横振り)

ピボット(縦回転)

昇降(上下移動)

チルト(首の縦振り)

この4つの方向に動きます。

この4つを動画にまとめましたので、そちらをご覧ください。

水平回転は、オフィスで隣の人に画面を見せるには十分ではないでしょうか。

ピボットはWordで文書を書くときや、ブログを書いていくときには縦長になるので重宝します。

外付けモニター ProLite XUB2390HS-B2のレビュー16

昇降幅はこんな感じ。

外付けモニター ProLite XUB2390HS-B2のレビュー13

一番下になったときにカチっとロックがかかるようになっていて、後ろにボタンが付いていますので、それを押せばロックが解除されます。

外付けモニター ProLite XUB2390HS-B2のレビュー14

チルトは角度的には大きくないですね。昇降があればあまり使うことはなさそうです。

外付けモニター ProLite XUB2390HS-B2のレビュー21 外付けモニター ProLite XUB2390HS-B2のレビュー20

入力はモニターの下に端子がついてあります。

外付けモニター ProLite XUB2390HS-B2のレビュー15

電源ケーブルをつないで、あとはパソコンとモニターをHDMIケーブルでつなぐだけです。(接続や設定の詳細については、ご自身で調べてくださいm(__)m)

外付けモニター ProLite XUB2390HS-B2のレビュー17

実際使い心地はどうだったの?

私の場合、ノートパソコンに外付けモニターをつないでこんな感じで使っています。

外付けモニター ProLite XUB2390HS-B2のレビュー19

画像では拡張して(2画面で)使っていますが、これだけ目線を上に向けるという目標が達成できませんので意味がないです。

そういう意味では外付けモニターのみに表示した方が良さそうです。

そして外付けモニターを見るとこんな感じ。

外付けモニター ProLite XUB2390HS-B2のレビュー18

かなり目線が上向いたことが分かります。

実際、下を向いて入力し続けるよりも、めちゃくちゃ楽です。

これで肩こりともおさらばできればいいのですが^^;

まとめ

iiyamaのXUB2390HS-B2の可動性についてお伝えしました。

水平、ピボット、昇降、チルト、この4方向にこれだけ動くモニターはほとんどありません。

使う場所が特定されていて、その場所以外に使うことがないという人は可動性を重視する必要はありません。

しかし、私のように「肩こりをましにしたい」とか、「買ってから置き場所や一番いい高さを模索したい」という人には、必要な機能を十分に備えていますので対象のリストに加えてみてはいかがでしょうか。

こちらの記事もオススメです