2014年プロ野球選手の年俸ベスト100

スポンサーリンク

2014年のプロ野球選手の年俸をランク付けしてみました。お気に入りのあの選手は何位にランクインしているでしょうか。

2014年プロ野球選手年俸ベスト100

毎年シーズン後に話題となる、プロ野球選手の年俸交渉。今年もほとんどの選手が契約更改を終えました。

年俸上位にはどんな選手がいるのでしょうか。早速見ていきましょう。

スポンサーリンク



2014年プロ野球選手の年俸ベスト100

順位名前球団ポジション年俸(円)増減(円)
1阿部慎之助巨人捕手6億↑3000万
2杉内俊哉巨人投手5億なし
3内海哲也巨人投手4億なし
攝津正ソフトバンク投手4億↑1億1000万
5岩瀬仁紀中日投手3億7000万なし
6中村剛也西武内野手3億5000万↑5000万
7山口鉄也巨人投手3億2000万↑8000万
8村田修一巨人内野手3億↑8000万
鳥谷敬阪神内野手3億↑2000万
10前田健太広島投手2億8000万↑7000万
11内川聖一ソフトバンク外野手2億7000万↑1億
12和田一浩中日外野手2億5000万↓8000万
糸井嘉男オリックス外野手2億5000万↑5000万
14武田久日本ハム投手2億4000万なし
15涌井秀章ロッテ投手2億2000万なし
松田宣浩ソフトバンク内野手2億2000万↑1億2000万
17新井貴浩阪神内野手2億↓5000万
西岡剛阪神内野手2億なし
岸孝之西武投手2億↑5000万
栗山巧西武外野手2億なし
今江敏晃ロッテ内野手2億↑6000万
長谷川勇也ロッテ外野手2億↑1億2000万
金子千尋オリックス投手2億↑8000万
24平野佳寿オリックス投手1億9000万↑4000万
25西村健太朗巨人投手1億8000万↑1億
坂本勇人巨人内野手1億8000万なし
長野久義巨人外野手1億8000万↑2000万
三浦大輔横浜投手1億8000万なし
石川雅規ヤクルト投手1億8000万↓2000万
井口資仁ロッテ内野手1億8000万未交渉
本多雄一ソフトバンク内野手1億8000万なし
陽岱鋼日本ハム外野手1億8000万↑8800万
33吉見一起中日投手1億7400万↓1億1600万
34森野将彦中日内野手1億7000万なし
武田勝日本ハム投手1億7000万↓3000万
36浅尾拓也中日投手1億6500万↓5500万
37高橋由伸巨人外野手1億6000万↓2000万
松井稼頭央楽天内野手1億6000万↑3000万
里崎智也ロッテ捕手1億6000万なし
40能見篤史阪神投手1億5000万↑3000万
福留孝介阪神外野手1億5000万なし
館山昌平ヤクルト投手1億5000万↓4000万
後藤光尊楽天内野手1億5000万なし
五十嵐亮太ソフトバンク投手1億5000万なし
平野恵一オリックス内野手1億5000万なし
中田翔日本ハム外野手1億5000万↑6500万
47成瀬善久ロッテ投手1億4400万↓1600万
48森福允彦中日投手1億4000万↑2000万
宮西尚生日本ハム投手1億4000万↑2000万
50谷繁元信中日捕手1億3000万↓6000万
サブローロッテ外野手1億3000万なし
稲葉紀篤日本ハム内野手1億3000万↓7000万
53田中浩康ヤクルト内野手1億2500万なし
54久保康友横浜投手1億2000万なし
嶋基宏楽天捕手1億2000万↑6000万
56相川亮二ヤクルト捕手1億1000万なし
57福原忍阪神投手1億500万↑3500万
58荒木雅博中日内野手1億200万↓6800万
59大竹寛巨人投手1億なし
石原慶幸広島捕手1億なし
梵英心広島内野手1億↑2000万
青山浩二楽天投手1億↑1000万
63聖澤諒楽天外野手9800万なし
64片岡治大巨人内野手9500万なし
小山伸一郎楽天投手9500万↓2500万
66坂口智隆オリックス外野手9000万↓2500万
増井浩俊日本ハム投手9000万なし
68浅村栄斗西武内野手8600万↑5100万
69寺原隼人ソフトバンク投手8500万なし
70馬原孝浩オリックス投手8500万↓5000万
71栗原健太広島内野手8400万↓5600万
72木佐貫洋オリックス投手8200万↑2000万
73山口俊横浜投手8000万↓2000万
藤田一也楽天内野手8000万↑3700万
牧田和久西武投手8000万↑1300万
岸田護オリックス投手8000万↓2600万
77炭谷銀仁朗西武捕手7700万↑2000万
78鶴岡慎也ソフトバンク捕手7600万なし
79安藤優也阪神投手7500万↑2500万
80益田直也ロッテ投手7200万↑3000万
81菅野智之巨人投手7000万↑5500万
東出輝裕広島内野手7000万↓2000万
中田賢一ソフトバンク投手7000万なし
吉川光夫日本ハム投手7000万なし
小谷野栄一日本ハム内野手7000万↓3500万
大引啓次日本ハム内野手7000万↑1400万
87金子誠日本ハム内野手6800万↓2100万
88藤井彰人阪神捕手6700万↑2500万
89唐川侑己ロッテ投手6540万↑1090万
90石川雄洋横浜内野手6500万↑1500万
秋山翔吾西武外野手6500万↑3000万
92畠山和洋ヤクルト内野手6400万↓2100万
細川亨ソフトバンク捕手6400万↓700万
94押本健彦ヤクルト投手6200万↓1800万
95澤村拓一巨人投手6000万↓500万
永川勝浩広島投手6000万↑2000万
野村祐輔広島投手6000万↑2000万
矢野謙次巨人外野手6000万↑2000万
広瀬純広島外野手6000万なし
山井大介中日投手6000万↓2000万
高橋尚成横浜投手6000万なし
斎藤隆楽天投手6000万↑3000万
則本昂大楽天投手6000万↑4800万
銀次楽天内野手6000万↑3800万
大隣憲司ソフトバンク投手6000万↓500万
井川慶オリックス投手6000万↓4000万

まとめ

年俸上位者にはFAしてきた選手も含めて、読売巨人軍の選手が多くいる印象です。

またソフトバンクの選手は実際の成績よりもアップ率が大きいようですね。

そして今年の一番大きな特徴は、落合GMが年俸交渉を行った中日ドラゴンズの選手が軒並みダウンしていることです。最高のダウンとなった吉見一起投手(↓1億1600万円)や和田一浩外野手(↓8000万円)など、ダウン幅も大きいです。

数字だけを見ていると実感はないですが、マイナス何千万円って実際にはえらいことですよねぇ。

こちらの記事もオススメです