プロ野球でノーヒットノーランを一番多く達成した捕手は?

スポンサーリンク

投手ばかりにスポットライトがあたりがちなノーヒットノーランですが、捕手あってこそ、そう見る野球好きも少なくありません。

ノーヒットノーランを達成した捕手

ノーヒットノーランを達成した投手はこれまで、77人が計88回達成しています。複数回達成したピッチャーもいて、沢村栄治、外木場義郎は最多の3度達成しています。

ノーヒットノーランは偶然生み出される産物ではなく、その日、捕手とピッタリ調和があったときだけに訪れる奇跡でもあります。


スポンサーリンク


ノートヒットノーランを演出した捕手

ではノーヒットノーランを最も達成した捕手とは一体誰なのでしょうか。

条件としては、ピッチャーと同じく、一人の捕手が試合開始からゲームセットまでマスクをかぶった場合とします。

  2回

古田敦也 

  • 1995年9月9日 対 読売ジャイアンツ 投手:テリー・ブロス
  • 1997年9月2日 対 横浜 投手:石井一久

他にも田村藤夫(日本ハム)らがいます。

  3回

谷繁元信

  • 2002年8月1日 対 巨人 投手:川上憲伸
  • 2006年9月16日 対 阪神 投手:山本昌
  • 2013年6月28日 対 DeNA  投手:山井大介

  4回

佐竹一雄

  • 1948年9月6日(1リーグ時代) 投手:真田重男 
  • 1951年9月5日 対 阪神 投手:金田正一
  • 1956年5月3日 対 中日 投手:大脇照夫
  • 1957年8月21日 対 中日 投手:金田正一

和田博美

  • 1958年7月19日 投手:西村貞朗
  • 1964年5月16日 投手:井上善夫
  • 1966年5月12日 投手:田中勉 
  • 1966年6月12日 投手:俊彦

パ・リーグでは和田博美の4度が最多、セ・リーグでは佐竹一雄と谷繁元信の3度が最高。

気になるあの名捕手は?

野村克也 0回

歴代最多出場数を誇り、誰もが認める歴代ナンバー1キャッチャーだが、不思議とノーヒットノーランには縁がなかった。

伊東勤 2回

西武黄金時代を支えた名捕手。郭泰源、渡辺久信(現監督)と達成している。

矢野輝弘 2回

中日ドラゴンズ時代に野口茂樹、阪神タイガースで川尻哲郎と達成。

阿部慎之助 1回

2012年に杉内俊哉と達成。

スポンサーリンク