ブラジルワールドカップの大会期間中の移動距離がすごい

スポンサーリンク

ブラジルワールドカップの敵は何も相手国だけではありません。こんなものも実は影響してきます。

ブラジルワールドカップの大会期間中の移動距離がすごい

以前、ワールドカップが行われる頃のブラジルの気候や気温、湿度について取り上げました。

参照) ブラジルワールドカップの開催都市の気候と気温、湿度は?

このときにもお伝えしたのですが、ブラジルの国土は南北にも東西にもかなり広いです。となると、大会期間中の移動距離も気になるところです。

グループリーグの日程
予選グループはほとんどの場合、中4日で試合が基本となります。

中4日と聞くと時間がありそうですが、野球と違いサッカーの中4日は短いぐらいですし、移動があるとなおさらです。


スポンサーリンク



最長移動距離はなんと東京から◯◯ぐらい

では実際に移動距離はどのぐらいになるのでしょうか。先に地図で今回のブラジル国内での開催都市の場所を確認しておきましょう。

2014ブラジルワールドカップの都市

これを見ると一番長い移動距離は南部のポルトアレグレと北部のマナウスだということがわかります。

この2都市間の直線距離はなんと約3100km!

ブラジルワールドカップ移動距離

3100kmがどれぐらい遠いか、ピンとこないと思いますので、わかりやす例をあげてみますね。

羽田空港から新千歳空港 : 約800km
羽田空港から那覇空港 : 約1550km
新千歳から那覇空港 : 約2200km
東京からソウル : 約1150km
東京から北京 : 約2100km
東京からグアム : 約2500km
東京から香港 : 約2800km
東京からマニラ : 約3000km

新千歳空港と那覇空港間の約1.5倍、東京から香港に移動するよりも遠いのです。同じ距離でいえば、フィリピンの首都・マニラに行くぐらいですね。

さらに気候の話のときにもお伝えしましたが、南北の都市間で温度や湿度は大きく異なります。特に南部の都市から赤道近くの都市に移動する際は気温も湿度もあがるので、身体がなれるのに時間を要します。

この都市間を移動するチームがあるのかわかりませんが、とにかくブラジル国内の移動はかなり遠いことがわかっていただいたと思います。

気になる日本代表の総移動距離は?

これは抽選会が終わっていないのでなんとも言えません。抽選会が終わり会場が決まり次第計算して報告したいと思います。

ちなみに南アフリカワールドカップのときの移動距離は?
予選リーグ初戦 ブルームフォンテーン⇒第2戦 ダーバン:約470km
ダーバン⇒第3戦 ラステンバーグ:約600km
ラステンバーグ⇒決勝トーナメント1回戦:約100km
合計:約1170km

南アフリカワールドカップでは4試合を戦っても移動距離は1100kmちょっと。3100kmがいかに遠いかがわかりますよね。

※2013/12/8追記

ワールドカップの抽選会が行われまして、日本の試合日程と会場が決まりました。

グループC

6月14日19:00(6月15日7:00) レシフェ
コートジボワール 対 日本
6月19日19:00(6月20日7:00) ナタール
日本 対 ギリシア
6月24日16:00(6月25日5:00) クイアバ
日本 対 コロンビア

日本に会場は

レシフェ→ナタール→クイアバ

となりました。

ブラジルの地図で確認するとこんな感じになります。
ブラジルワールドカップ会場移動

そして気になる起動距離はこちら。
ブラジルワールドカップ会場移動移動距離

レシフェからナタールは約250km、ナタールからクイアバは約2500km、合計2750kmの移動になります。

ナタールからクイアバで、先ほどお伝えした東京からグアムと同じ距離・・。けっこう遠いですね。

単純には比較できませんが、前回南アフリカワールドカップの倍以上。まあ予選リーグを戦い他のチームも移動を強いられますので、そのあたりは仕方ないところでしょうか。

こちらの記事もオススメです