2015サッカー女子ワールドカップの開催国と都市、会場は?

スポンサーリンク

なでしこジャパンの2011年サッカー女子ワールドカップ優勝の感動から4年。次回の2015年のワールドカップの舞台は?

2015女子ワールドカップカナダ大会

2011年の女子ワールドカップドイツ大会は、なでしこジャパンが決勝でPK戦の末アメリカに勝利し、男女通じて主要な世界大会では初めての優勝を果たしました。

2年前の話なので記憶にも新しいところですが、次回のワールドカップがどこの国で行われるかご存知ですか。


スポンサーリンク


2015年サッカー女子のワールドカップはどこでやる?

次回、2015年サッカーの女子ワールドカップの開催国は、
  カナダ です。

カナダのサッカー事情
カナダの一番人気のあるスポーツといえば、アイスホッケーです。カナダとアメリカにまたがるプロホッケーリーグ(NHL)は、老若男女を問わず人気のスポーツで、カナダの国技となっています。

一方サッカーといえば、日本人にはあまり印象がないのですが、実はカナダにも男子のプロサッカーリーグが存在し、若者の間ではサッカー人気は高いです。

ただしレベルはそれほど高いわけではなく、カナダサッカーリーグもアメリカのプロサッカーリーグの下部リーグとしての扱いです。

女子にはプロサッカーリーグはありませんが、アメリカが中心となる女子プロサッカーリーグに、メキシコとともに選手協力や財政支援の形で参加し代表の強化に努めています。

女子のFIFAランキングは本日(2013/9/22)の時点で7位です。

開催都市

開催都市はこちらのバンクーバー、エドモントン、ウィニペグ、オタワ、モントリオール、モンクトンの6都市です。
2015女子ワールドカップカナダ大会開催都市図

会場

バンクーバー

会場:BCプレイス(収容:54500人)

エドモントン

会場:コモンウェルス・スタジアム(収容:60081人)

ウィニペグ

会場:ウィニペグ・スタジアム(収容:40000人に改修予定)

オタワ

会場:フランク・クレア・スタジアム(収容:45000人に改修予定)

モントリオール

会場:オリンピック・スタジアム(収容:66308人)

モンクトン

会場:モンクトン・スタジアム(収容:20725人に改修予定)

スポンサーリンク