たった3秒で立位体前屈を3cm改善する方法

スポンサーリンク

身体がかたい方、必見!一瞬で身体を柔らかくする方法を伝授します。

一瞬で身体を柔らかくする方法

私は小さい頃から身体が異常にかたくて。ストレッチもするのですが、かたすぎてそれも苦痛なぐらいです。

たまたまyoutubeでストレッチを調べていたときに、面白い動画を発見したので今日はご紹介します。

とりあえず一瞬で身体の変化を出したい人は必見です!

身体は一瞬で変えられる?!

立位体前屈という検査がありますよね。簡単にいうと、どれぐらい前に倒せるかをみるテストです。

柔らかい方なら手の平がべったり床につきますが、かたい人なら指先が床に届きません。私はもちろん後者です(;^ω^)

そんな私でも3秒で床に着く方法があったんです。それがこの動画。

立位体前屈をするときに、前に行きにくい主な原因は、ハムストリングスと呼ばれる太ももの後ろの筋肉がつっぱることです。

立位体前屈がいかない理由

ですから立位体前屈を改善しようとすると、このハムストリングスのストレッチをひたすらするわけです。

ハムストリングスのストレッチというと、こんなやつです。

ハムストリングスのストレッチ

でもなかなかすぐには改善しないので、三日坊主で終わってしまいます。

今回ご紹介した方法は「身体が柔らかくなる」というよりも、肩甲骨の動かし方を変えて、数値を改善しただけです。

でも肩甲骨の動かし方を変えるだけで、3cmも動きがよくなるなんて驚きですね。

この方法をおすすめな人は?
「いまから立位体前屈の測定をする」という人

手間がかかる方法ではないので、一度おためしあれ。

こちらの記事もオススメです