ユニバーサルスタジオの2014年入場料の値上げ情報

スポンサーリンク

若者を中心に人気のあるユニバーサルスタジオジャパン(USJ)が2014年に入場料を値上げすることを発表しました。気になる価格は?

2014年USJユニバーサルスタジオの入場料値上げ

2014年にユニバーサルスタジオジャパンが2回値上げを実施することを発表しました。

気になる入場料の値上げ幅ですが、

2014年1月27日から
大人  6600円 → 6790円
子ども 4500円 → 4750円
シニア 5900円 → 6100円

2014年4月1日から
大人  6790円 → 6980円
子ども 4750円 → 4880円
シニア 6100円 → 6270円

となります。

なんと3ヶ月の間に2回の値上げを予定します。1月の値上げ分はアトラクションへの投資、4月の分値上げ分は消費税分との説明です。

ユニバーサルスタジオの値上げの背景

ところでユニバーサルスタジオジャパンといえば、最近よく値上げしているイメージがありせんか。

実は2012年4月に200円値上げした後、2013年1月にも200円の値上げを実施しています。

この3年間で4度の値上げ。その額は大人で680円になります。強気の戦略が見られますね。

値上げによる客離れはないのか?
ユニバーサルスタジオジャパンの開業時の大人の入場料は5500円でした。来年4月に入場料が6980円になると入場料は約27%増になります。

開業13年で27%増。開業初期から通っているファンには、かなり割高感がありますね。

現にユニバーサルスタジオジャパンに行った方に話を伺うと、「一回でいい」「話のネタにみたかっただけ」とリピートが期待できない声があるのも事実です。

ユニバーサルスタジオジャパンはアトラクションを増やして入場者数増加につなげ、儲かったお金でまた設備投資するというやり方がいまのところ功を奏しています。

スパイダーマン、ユニバーサル・ワンダー・ランド、ハリウッド・ドリーム・ザ・ライドのバックドロップ、そして来年春にはハリーポッターのアトラクションのオープンも控えています。

アトラクションが増えること自体は喜ばしいことではありますが、あまり高くなりすぎるのは客離れを招く可能性も秘めています。

ファンとして値上げせずに楽しい施設であるのが一番いいですね。

こちらの記事もオススメです