UQ WiMAX端末比較 買うならHWD15?それともNAD11?

スポンサーリンク

最近人気のポケットWi-Fiですが、契約するときにいろいろあって悩みませんか?

そこで今回はポケットWi-Fiを選ぶときのポイントをお伝えします。

UQ WiMAX端末比較 買うならHWD15?それともNAD11?

まず私たちが手に入れることのできるポケットWi-Fiの業者は、大きく分けて2つあります。

知っている名前でいうと、WiMAX ?か?Y!mobile?か。

Y!mobileというのEMOBILEを買収したソフトバンクが作った会社ですので、わかりにくければEMOBILEやソフトバンクと置き換えて考えてください。

ではWiMAXかY!mobileかという選択ではどうなるかというと、これはWiMAXの一択です。Y!mobileは7Gのアクセス制限があり、7Gを超えると遅くなります。(このあたりはスマフォと同じ)

WiMAXはいまとのところリミットなしでいけますので、動画などを外で見たり、やりとりするのにも向いています。

ちなみに値段はほとんどかわりません。

まずは業者がWiMAXの1択であることから話をすすめていきます。


スポンサーリンク



機種

ではWiMAXであれば、どの機種を選べばいいのでしょうか。

こちらはWiMAX2対応の最新式2つに絞られます。

ファーウェイ・ジャパン株式会社が発売しているWi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15(以下、HWD15)か、NECアクセステクニカ株式会社が発売しているWi-Fi WALKER WiMAX 2+ NAD11(以下、NAD11)です。

ではそれぞれの主だった長所と短所をご紹介しましょう。

HWD15の長所と短所

長所
  • 通信が良いとされている
  • auの4GLTEの電波を使うならこちらでしか無理。
  • これをバッテリーとして携帯を充電できる。
短所
  • NAD11に比べ重い。(140g)
  • 通信が良いとされていたが実はあんまりかも。
  • NAD11に比べバッテリーの持ちが悪い。
  • 色々機能が付いているがほとんど使わない。
  • これをバッテリーとしてスマフォを充電するなんて、よっぽどの場合しかない。

参照)Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15 通信チェック:HWD15 対 NAD11はエリアのHWD15、速度のNAD11

NAD11の長所と短所

長所
  • HWD15 に比べ軽くて薄い(81g、8.2mm)
  • 通信はHWD15に良いかも(上記参照)
  • HWD15に比べバッテリーのもちはいい。
短所
  • auの4GLTEの電波を使えない。(注1)
  • 不具合が多い。

注1)au4GLTEの範囲を使う使えないというのは、WiMAXが圏外にあればauの電波を使うということです。

基本的にはかなり田舎に行かないと恩恵を受けられず、普通はWiMAXのエリアがあれば大丈夫。しかもau4GLTEのエリアを使うならプラス1000円ちょっとお金がかかる。

⇒ 都市部に住んでいるならWiMAXの電波だけで十分

以上から比べて機種は判断してみてください。

できれば実際にヨドバシカメラやビックカメラなどの量販店で、実物を触る方がいいと思います。(HWD15はけっこう大きいです)


スポンサーリンク



どこで買うか?

これは大きくわけて2つあって、1つは量販店でiPadなど購入してを割り引いてもらって購入するか、もう1つはキャッシュバック狙うか。

前者の場合は、ヨドバシカメラやビックカメラなどで週末に行って何かキャンペーンをやっているときに買うがお得です。(ここでは割愛します)

次に後者です。

どこで購入しても月額の使用料はほとんど変わりません。あと安い料金で契約するには縛りがありますが、これも各社横並びなのです。

では何が違うかというと、キャッシュバック(タブレット端末がついてくる場合もある)がいくらかということです。

気になる4つの会社

では注目のお得な4社をご紹介します。

とくとくBB

とにかく安くあげたい方には、安さに定評のあるとくとくBBがおすすめ。

HWD15の場合19,300円キャッシュバック
NAD11の場合20,300円キャッシュバック

となっています。

ただ調べればわかるのですがサポートの評判がけっこう悪いです。

参照) 価格.com とくとくBB ユーザーの声

「サポートなんか気にしない!」って方は問題ないと思いますので、とくとくBBでいいのではないでしょうか。サポートが気になる方は他の会社の方がいいかもしれませんね。

   

ニフティ

言わずと知れた老舗プロバイダーです。

ニフティのキャッシュバックは15,000円なのですが、対象がいまのところホームページではNAD11とHWD15の1つ型落ちであるHWD14となっていますね。

HWD15の取り扱いを始めたと書いてありますので、そのうち始まりそうですが一度問い合せてせからの方がいいでしょう。

BIGLOBE

NEC系のプロバイダーでこちらも有名ですね。

BIGLOBEでNAD11を申し込んだ場合、キャッシュバックは5,000円なのですが、こちらにKindle fire HDが追加されます。

定価は20,000円弱する商品ですので、タブレットが欲しいと思っていた方はいいかもしれませんね。

ただしKindle自体の評価はiPadに比べ微妙な部分もありますので、無理にKindleを使わされる環境になる考えれば、私個人としては「う~ん・・・」って感じです。

あとHWD15はまだ取り扱っていないようですし、型落ち版のHWD14を契約する場合は5,000円のキャッシュバックはなくなり、Kindleのみになるようです。

なんか旨味がないような感じがしますね。

So-net

最後はSo-netです。 So-netでNAD11を申し込んだ場合、キャッシュバックは20,000円もしくは2年間タブレットをレンタルする権利がもらえるようです。

タブレットはiPad AirやiPad mini Retinaディスプレイモデル、Xperia Tabletのタブレットなどが選べるようです。 ただしSo-netにはHWD15の設定がありません。

まとめ

UQ WiMAXの最新機種の端末を比較してきました。

HWD15か、それともNAD11か、悩ましいところではありますが、それ以前にキャッシュバックの対象になっていない場合も多いことがわかりました。

ですからキャッシュバック狙いであればNAD11にして、あとは会社を決めればいいと思いますし、どうしてもHWD15が欲しいのでれば現時点(平成26年8月19日)ではとくとくBBの一択になるでしょう。

以上、参考になれば幸いです。

こちらの記事もオススメです