LINEのパソコンからの乗っ取り予防は他端末ログイン許可で可能?

スポンサーリンク

LINEのアカウント乗っ取り事件が後をたちません。今回は私が乗っ取りに遭いそうなった事例をふまえ、乗っ取りの予防策をお伝えします。

LINEのパソコンからの乗っ取り予防は他端末ログイン許可で可能?1

LINEの乗っ取りといえば、社会問題なっていますので、皆さんご存知だと思います。

簡単にご紹介すると、アカウントを乗っ取られた友人からプリペイドカードを買ってきて欲しいと頼まれ、その情報を教えて盗まれるというものです。

このアカウントの乗っ取り経路の1つに、違うパソコン端末を使ってするものがあります。

私はLINEをパソコンでも使用しているのですが、そうなるとパソコンでの使い方は考えないといけません。

そこで今回はLINEの乗っ取りの中でも、他パソコン端末からの乗っ取りをどう防ぐかについて詳細にご説明していきます。

スポンサーリンク



LINE公式の現在の対策

対策をお伝えする前に、現在LINEが自分以外のパソコン端末からログイン使用としたときに行っている対策についてお伝えしておきます。

いままでログインしたことがないパソコンからログインしようとすると、こんな表示がでるようになっています。

LINEのパソコンからの乗っ取り予防は他端末ログイン許可で可能?2

ここに対策がいろいろ書かれていますので、友人のパソコンなどでログインしようと試して、一読しておかれることをおすすめします。

そしてこちらの画面からアドレスとパスワードを入力します。

LINEのパソコンからの乗っ取り予防は他端末ログイン許可で可能?3

するとこんな画面が現れます。

LINEのパソコンからの乗っ取り予防は他端末ログイン許可で可能?4

ここに4桁の数字の暗証番号として表示され、これを自分のスマホで3分以内に入力しないといけません。

スマホではこのように表示になっています。

LINEのパソコンからの乗っ取り予防は他端末ログイン許可で可能?5

本来は自分のパソコンから初めてログインするときは、ここに数字を入れれば使えるようになります。

またパソコンからログインされると、自分のスマホにLINEから通知が届きます。

LINEのパソコンからの乗っ取り予防は他端末ログイン許可で可能?6

この画面でいえば、一番上が私が自分でログインしたものですので成功していますね。

下の2つは知らない他パソコン端末からログインされようとしたときのものです。

幸いログインできずに未遂で終わっていますが、もしここでログインされていても、貼られているURLから強制的にログアウトさせることもできます。

こんな感じで暗証番号認証と、スマホへの通知により、知らないパソコンからのログインを監視しているわけです。

スポンサーリンク



パソコンからはこれで防げる!

LINEが公式に行っている対策を知ったところで、私たちがするべきことは一体どんなことでしょうか。

他パソコン端末からのLINEアカウント乗っ取りを防ぐための対策で、やることは基本的には2つです。

1.他端末からのログインの許可をするかどうか
方法

その他⇒設定⇒アカウント⇒他端末ログイン許可

  • パソコンで使うならチェックをつける
  • パソコンで使わないならチェック外す

この方法でチェックを外しておけば、他端末(パソコン)からのログインは、原理上できなくなるはず。

2.パスワードを変更
方法

その他⇒設定⇒アカウント⇒メールアドレス登録⇒パスワードの変更

これは当たり前ですよね。フェイスブックやメールアドレスとは違うものにしておくこと。

私の場合は、LINE用につくってどこにも保存させていないので、自分しかわからない状態になっています。

この2つをしておけば、基本的には他パソコン端末から入力される心配はかなり減ります。

スポンサーリンク



大きな落とし穴もある

さきほど「原理上」と書いたのは、違う手法でログインされている事例があるからです。

例えば、上記の他端末からのログインの許可をするかどうかの対策をやっていても、他のスマホからログインされて設定を変えられると意味がなくなってしまいます。

これは実は「他端末からのログインの許可」の「他端末」はパソコンを指す言葉で、スマホからは他端末であってもログインできます。

ですから他スマホで自分のアカウントにログインされると、パスワードやログイン設定などいろいろ変えられてしまう可能性があるのです。

他スマホからの乗っ取り対策としては、PINコードを設定することで乗っ取り可能性は減らせます。

PINコードの設定
方法

その他⇒設定⇒アカウント⇒PINコード
で設定できます。

これは他端末(スマホ)でログインしようとしたとき求められるので、原理上これで他のスマホからはログインできなくなるはず。

ただしこれもあくまで原理上の話であって、PINコードを設定していても乗っ取られているという報告も多く存在します。

まとめ

結論的として、私のようにパソコンでもLINEを使いた人のとるべき道は、

  1. パスワードをLINEにしか使わない長いものに変える(他スマホ、他PC対策)
  2. 他端末からのログインの許可をパソコンから使うときだけチェックして、使い終わったら外す(他PC対策)
  3. スマホをできるだけチェックする(他PC対策)

です。

本来ならスマホをなくさない限り、違うスマホログインしようとすればPINコードが必要ですし、自分のじゃないパソコンで入ろうとすると暗証番号を入力しないといけません。

さらに他PCから乗っ取られても、あそこに書いているURLから強制ログアウトさせることもできます。

こう見ると、他スマホからの乗っ取りが一番やっかいかも。これはいまのところあまり効果のないPINコードでの対策と、効果的なパスワード変更でしか防げません。

1つの対策で完璧ということはありませんので、できるだけ可能性を減らすために、複数の対策を組み合わせることをおすすめします。

こちらの記事もオススメです