受験当日の必需品は?キーワードは「いつもの環境」

スポンサーリンク

受験当日の必需品は何?受験当日に集中して試験が受けられるように、受験生の味方となってくれるものをご紹介します。

この季節になると、電車の車内には 大学のポスターが増えてきます。そろそろ受験シーズン本番ですね。

大学受験や資格試験についての思い出は 誰にでもあると思いますが、「焦ってしまった」とか「当日準備するものを忘れてバタバタした」など、良い思い出ではない人も多いのではないでしょうか。

実は私も大学受験ではうまくいかず、浪人を経験しました。

いまから考えると「もっと落ち着いて試験に望んでいれば・・・」という後悔もありますが、18歳のときにはなかなか難しいですよね。

おかげさまで浪人後の大学の受験はうまくいきました。1年余分に試験を受けた分、受験に関しては様々な対策を講じてきました。

「いやいや、一番の対策は勉強だろ?」というツッコミは置いといて、今回は受験当日に本領発揮するために準備するアイテムをご紹介します。


スポンサーリンク



受験会場当日の必需品

受験には定番の商品から、あったら便利な意外なものまで、受験当日の必需品です。

チョコレート

「いきなりチョコレート?」と疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。でもこれには重要な意味があります。

人間の身体はどこでもエネルギーを必要としますが、それは筋肉でも脳でも同じです。脳は血中のブドウ糖をエネルギーとするのですが、血中のブドウ糖が低下すると脳が働けなくなります。

そこでチョコレートの出番です。

チョコレートは食べると、他の食物より比較的早く血中に吸収されて、脳の栄養となることができるのです。

また人間を無意識にコントロールする自律神経には、交感神経と副交感神経があります。交感神経は興奮した状態、副交感神経はリラックスした状態と考えるとわかりやすいと思います。緊張した状態とリラックスした状態、どちらで試験を受ける方がいいでしょうか?これは聞くまでもないですね。

チョコレートを食べると、副交感神経が優位に働くようになり、リラックスした状態を作り出すことができるというデータがあります。

以上から、試験の休み時間には小さなチョコレートを 口にすることをおすすめします。

チョコレートを持っていくなら、せっかくなのでここは定番のキットカットを。キットカット、キットカット・・・、 キット勝っと、きっと勝っと・・・、 きっと勝つ!!完全に無理矢理の験担ぎです。受験シーズンには受験生用のキットカットが販売されるので、それを用意していけばいいと思います。

こんなやつですね。

ただあまり食べすぎると眠くなりますので、 注意が必要です。

ひざ掛け

これは意外と盲点なのですが、あったら便利グッズです。

受験シーズンといえば寒い季節であることが多いですが、試験会場が暖かいかといえばそうでもありません。

自宅や塾で膝かけを使っていて、暖かい室温で勉強することに慣れている方には環境の変化が与える影響は大きいです。

人間は寒くなると血管を収縮させて血流が妨げられます。血流が妨げられるということは脳への血流も減るということです。

そうなると先ほどチョコレートのところでお伝えしたように、脳へ栄養分が運ばれにくくなり、脳がうまく機能できなくなります。ですから寒くならないようにする必要があります。

入学試験でも資格試験でも試験官に予め許可をもらえば、ひざ掛けや座布団の使用は可能ですが、国家試験などでは使えないこともあるようですので、受験する大学や専門学校、試験を管轄する団体に、事前に問い合わせてみましょう。

五角形の鉛筆と消しゴム

これは験担ぎグッズで、最近よく見かけます。五角、ごかく、ごーかく、合格!バンザ~イ!ちょっとこじつけ感たっぷりですが^^;

これも受験シーズンになると文具コーナーでよく見かけますがこちらについては私は注意が必要だと考えています。センター試験であればマークシートは鉛筆でマークしますし、各種国家試験でもそうだと思います。

ただ普段私たちが持つ鉛筆えを言えば、そう、六角形が多いですよね。持ち慣れた鉛筆からいきなり違う形のものを握ることに違和感を覚える方もいらっしゃいます。

そういう意味で五角形の鉛筆を持っていくなら願掛けとして、マークシートを塗るのは使い慣れた六角形にするのもいいかも。どうしても五角形の鉛筆を使いたい場合は、事前に練習しておくと良いでしょう。

消しゴムは使いやすさは関係ないかもしれませんので、五角形の消しゴムでも良さそうです。

ただ試験がマークシートの場合は、消しにくさが致命傷になることもあります。そのため一番消す能力に優れたものを使うべきでしょう。

貼るカイロ

貼るカイロにも験担ぎの意味合いがあります。「貼る→落ちない→受験に落ちない」や、「貼る→春→合格」という意味を引っ掛けます。

ただ貼るカイロは熱くなって、試験中にごそごそと手を突っ込んで外すと試験官に怪しい目で見られますので、試験中にはさわらないようにしましょう。

普通のカイロもズボンのポケットに入れておくと、試験中には手を突っ込んで触りにくいので注意しましょう。

腕時計

最近はスマホや携帯電話で時間を確認することが多いのですが、試験中にはもちろん使用できません。近年不正を疑われて退出を命じられるケースもあるようです。ですから腕時計は持って行くようにしましょう。

こう言うと、

「試験を受ける部屋にあるからいいんじゃない?」

と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、全ての会場に時計がある保証はありません。実際、私が受験したある国家試験の会場には、時計がありませんでした。

もし腕時計を忘れていたら、時間配分ができずえらいことになってました。ですから腕時計は必須アイテムです。

常備薬

受験当日に想像以上にプレッシャーを感じる人もいます。そんなとき「急にお腹が痛くなった」なんて話もよく聞きます。

もし腹痛や頭痛になったときにいつも飲む薬があるなら、それもかばんに入れておきましょう。

これは万が一のときのためでもありますし、何かあったときにも「薬があるから大丈夫」と安心するためでもあります。

生理用品

これは女性限定になってしまいますが、受験当日に生理がくる可能性もゼロではありません。特にいつもとは違う環境になり、ストレスを感じていると周期が崩れてしまう可能性も十分考えられます。

そんなときにも生理用品を準備しておけば慌てずに対処できます。

その他

上記以外にも、

  • 温かい飲み物
  • お金
  • ハンカチ
  • ティッシュ
  • マスク

はあった方がいいですね。

まとめ

受験当日の必需品についお伝えしてきました。

受験当日は、いつもの環境ではない試験会場で、いつも以上にプレッシャーがかかります。ですからできる限り落ち着いて試験が受けられるように、いつもの環境を整えるものを準備すればいいのです。

しっかり実力が出し切れるように、何を持っていけばいいのか考えましょう。

こちらの記事もオススメです