セレナの給油口がキャップレスになってガソリン給油時には注意が必要

スポンサーリンク

2016年に発売された新型セレナC27ではキャップ給油口が採用されましたが、このキャップレス給油口では給油時に注意が必要です。

その注意を守らないと火災になる恐れも!その注意と給油時のコツとは?

ファミリー向けのミニバンとして人気のセレナが2016年にフルモデルチェンジしました。発売直後は爆発的な人気となり、生産が追いつかない状態になっていました。

そんなC27セレナを私も購入した。色は人気薄のアズライトブルー。

そんな新型セレナの給油時に思わぬトラブルがありました。

説明書を読んでいなかったのが悪いのですが、その注意を守らないと火災など思わぬ事故を招きかねません

今回はC27セレナの給油時の注意についてご紹介します。

スポンサーリンク



セレナに採用されたキャップレスの給油口

セレナC27には豊田合成が開発したキャップレス給油口が、日本で発売される車に初めて採用されました。

キャップレスとはその名の通りキャップがないので、ガソリン給油時にキャップ(ふた)を開け閉めする必要がありません。手が汚れなくて済むので本当に便利なんですよね。

新型セレナのキャップレス給油口はこんな感じ。

黒いふたがついていて、それをノズルで押し込むだけで給油できます。

これだけ見るとすごく便利そうでしょ?

スポンサーリンク



セレナC27のガソリン給油時の失敗

そんなセレナC27を購入して、先日初めてガソリンスタンドに行き、いつものようにセルフスタンドにいって給油したときに事件がおきました。

給油ノズルを差し込んで給油していて、満タン近くになるとカチッと自動的に停止しますよね。その後、いつもように満タンになるようにちょびちょび入れていました。

そうするとガソリンがドボドボドボと溢れ出してきて、慌ててノズルを抜きました。

何が起こったのか一瞬理解できず、かなり溢れたところでようやく理解できましたが、それも後の祭り。

車の下にはこんなに大量のガソリンがこぼれていました。

なんでだろうと思いながらガソリンスタンドを後にしました。

セレナC27のガソリン給油時の注意点

自宅に帰りセレナの早わかりガイドを開くと、そこに給油時の注意点が書かれていました。

どうやら今回の新型セレナC27に採用されたキャップレス給油口では、満タンまで入れたらダメなようです。自動停止したところで止めるのが正しい方法のようですね。

これを間違って私のようにガソリンを大量にこぼすと、最悪火災が起こる可能性があるとそこには書かれていました。

でもなぜそうしないといけないのでしょうか。それはキャップレスの仕組みを見ると理解でした。

今回セレナに採用されたキャップレスを図にするとこんな感じです。

表面のふたの奥にも、逆流しないように何重にもふたが設置されているようです。

本当ならちょっと手前に引いてちょっと入れて、さらに手前に引いてまた入れてを繰り返すのですが、ノズルを手前にすると中のふた閉まるようです。

中のふたが閉まるとタンクには給油できず、中のふたとふたの間のスペースにガソリンを注ぐことになるので、すぐにいっぱいになって溢れてしまいます。

「先に早わかりガイドを読んでおけば良かった・・・」と思っていたら、給油口を開けたところに書いていましたね。

今後もキャップレス給油口を採用する車種は拡大していくと思いますので、キャップレス給油口にガソリンを給油するときにはみなさん注意してくださいね。

こちらの記事もオススメです