国内で一番売れたファミコンソフト ベスト10

スポンサーリンク

1983年に発売された任天堂のファミリーコンピュータ。今年で発売30周年を迎えました。

国内で一番売れたファミコンソフト

マリオ、ドラクエ、ボンバーマンなど、いまなお不動の地位を築く人気ソフトのほとんどは、このゲーム機から生まれました。

ファミリーコンピュータ、略してファミコン。近代ゲーム機はここから始まったと言っても過言ではないでしょう。


スポンサーリンク



ファミコンが技術を進化させた

ファミコンが発売されたのは1983年。小学校に入学したばかりの私は、兄弟でお金を出し合い、なんとか14,800円貯めてファミコンを買いました。

最初に購入したソフトはマリオとベースボール。

いま発売されているプレイステーション3とか、Wiiなどから比べると、いまのソフトはしょぼいです。これは疑いようもない事実です。

たとえば、はじめて2MBを突破したと騒がれたソフト(ドアドアだったかな?)がありましたが、2MBっていまから考えたら写真1枚分ですよ。

2MBといえば昔のフロッピーディスク1枚分。大ヒットしたゼルダの伝説や謎の村雨城がフロッピーディスク1枚に収まっていたということです。

国内で一番売れたファミコンソフト ベスト10

それはそれで昔の技術もすごかったのだと、改めて驚かされますね。

あとゴルフにしろ、野球にしろ、テニスにしろ、現代のソフトの原型はほとんどファミコン時代に作られています。

これもファミコンの大きな功績と言えますね。


スポンサーリンク



売り上げベスト10にはやはりあのソフトが

さてそんなファミコンですが、国内で一番売れたソフトは何かご存知ですか?

プレイステーションが発売されてからは「世界で売れたソフト」が話題になりますが、ファミコンで、しかも国内と限定するとなかなか話題になったことがありません。

そこで国内のファミコンソフト販売本数のベスト10をご紹介します。

国内ファミコンソフトの販売本数ベスト10
タイトル本数
1スーパーマリオブラザーズ681万本
2スーパーマリオブラザーズ3384万本
3ドラゴンクエスト3380万本
4ドラゴンクエスト4310万本
5スーパーマリオブラザーズ2265万本
6ゴルフ246万本
7ドラゴンクエスト2241万本
8ベースボール235万本
9麻雀213万本
10ファミリースタジアム205万本

このランキングを見ると、マリオやベースボール、麻雀など、初期に発売されたソフトが多いことがわかります。

考えて見れば当然。この頃はソフトが数本しかなかったので、ファミコンを買えばこれらのソフトを買うしかったのです^^;

単純明快

古き良き時代を語るわけではないですが、昔のソフトは面白かったです。

面白いというといまのプレイステーションやWiiのソフトも面白いのですが、単純でわかりやすかったというべきでしょうか。

ボタンも十字キーとAボタン、Bボタンしかありませんでしたし、できることはBボタンでジャンプ、Aボタンで投げるなど、とにかく少なかったです。

それがいまと違い逆にわかりやすく、老若男女を問わず楽しめました。

現に私の父もわからないなり操作を覚え、麻雀を楽しんでいましたが、いまのゲーム機を父にやれと言っても、ややこしすぎて無理でしょう。

ファミコンにはファミコンの良さがあり、ファミコンに熱中した世代にとってはプレイステーションやWiiよりも思い入れは強いのではないでしょうか。

こちらの記事もオススメです