三田花火2016の日程と開始時間、穴場スポットは?

スポンサーリンク

花火は観たいけど混雑しているのが嫌、早くから行って場所取りするのはめんどくさい、そんな方は多いのではないでしょうか。

そんな方におすすめなのが、混雑せずに迫力満点の花火が観られると、関西で密かに人気となっている兵庫県三田市のさんだ祭り花火大会です。

なぜ三田祭り花火大会が人気なのか?

今回は三田祭り花火大会の開始時間や穴場スポット、交通規制、駐車場など耳寄りな情報をお伝えします。

今年も花火の季節がやってきますね。

夏の夜空を飾る花火を観たい、でも混雑するのがわかっていて出かけるのは億劫、そんな方もいらっしゃるのではないでしょうか。

関西限定の情報になってしまいますが、そんな方には兵庫県三田市で行われる三田祭り花火大会がおすすめです。

スポンサーリンク



2016年三田祭り花火大会の概要

まずは2016年三田祭り花火大会の概要をどうぞ。

開始時間:8月6日(土)20:00~20:30 (雨天荒天中止)

打ち上げ数:約2,500発

人出:30,000人(2015年)

アクセス:JRもしくは神戸電鉄の三田駅から徒歩約12分(さんだ祭り会場まで)

駐車場:JR三田駅周辺と祭り会場周辺にはコインパーキングあり。ただし、花火打ち上げ場所周辺にはコインパーキングはない

交通規制:さんだ祭り会場(郷の音ホール駐車場)周辺は交通規制あり

こちらは昨年のクライマックスあたりのの花火の様子です。

三田花火2016の日程と開始時間、穴場スポットは?

数がめちゃくちゃ多いわけではないですが、けっこう本格的ですよ。

スポンサーリンク



三田祭り花火大会をおすすめする理由

他の花火大会ではなく、なぜ三田祭り花火大会をおすすめするのでしょうか。

その理由をお伝えします。

 人が少ない

少ないといっても3万人ぐらいの人出はあるのでガラガラというわけではないのですが、関西屈指の人気を誇るみなとこうべ海上花火大会や淀川花火大会の何十万人に比べるとかなり少ないです。

しかも三田祭りはみなとこうべ海上花火大会や淀川花火大会のどちらかと同日に開催されることが多いので、大きな花火を観たい方はみんなそちらに行きます。(昨年まではみなと神戸花火大会と同日でしたが、今年は日程が分かれました)

ちょっと悲しいですが、これも混雑しない理由のひとつでしょう。

 場所取りの時間がほとんどいらない

大きな花火大会を観るなら、夕方のまだ暑い時間から場所とりをする必要があります。

三田祭り花火大会なら直前30分ぐらい前から、早くても1時間ぐらい前から場所とりをすれば観ることができる穴場スポットがありますのでご安心ください。

 帰りが楽

大きな花火大会に行くと、最寄り駅の混雑具合は半端ないですよね。人で溢れかえって、まるで満員電車に乗っているかのように駅のホームに誘導されますが、いつまでたっても電車に乗れる気配がありません。

その点三田祭り花火大会は地元の人がほとんどですので、帰りの電車少し混雑する程度で、他の花火大会ほど混雑しません。

スポンサーリンク



穴場スポットをご紹介します

では花火はどこから観ればよく観えるのでしょうか。

打ち上げ場所は三田市消防本部の裏手になります。三田市消防本部周辺の地図をまずご覧ください。

よく言われてる人気スポットは武庫川沿いや近くの橋の上です。

三田花火2016の日程と開始時間、穴場スポットは?2

このあたりは人気のスポットで毎年混雑します。早めに場所とりができるのであればおすすめです。

でも夕方の暑い時間から場所取りで並ぶのは大変です。トイレは近くにありませんし、河原だと蚊も多いです。

祭りの会場からでも観えるのですが、ちょっと遠いですし、会場周辺も混雑しています。

三田花火2016の日程と開始時間、穴場スポットは?7

そこで祭りの会場から少し離れた松山堤周辺をおすすめします。

このあたりは小高くなっていますし、高い建物がないため、花火全体を観ることができます。また駅から少し離れているため、地元の人しか来ていません。

三田花火2016の日程と開始時間、穴場スポットは?3

多恵という日本料理屋さんが目印です。この周囲ならよく見えます。(※絶対お店に迷惑がかからないようにしてください)

三田花火2016の日程と開始時間、穴場スポットは?4

「このあたりの農道もよく観える」と書いたあたりの写真です。

三田花火2016の日程と開始時間、穴場スポットは?5

例年このあたりにはたくさんの車や人が集まりますが、数人程度が見る場所なら大丈夫だと思います。

このあたりから打ち上げ方向を観るとこんな感じです。

三田花火2016の日程と開始時間、穴場スポットは?6

花火観覧のポイント
敷物はあった方がいいでしょう。また周辺にはトイレがないため、事前にすませておきましょう。

あと蚊にかまれるのが嫌な方は虫除けスプレーがあると便利です。

注意点

以上、2016年のさんだ花火大会の情報をお伝えしてきたのですが、注意があります。

 住宅街やお店に迷惑をかけない
穴場スポットと書いた周囲のお店や住宅街に入り込んで、騒いだり、道を占領したりする迷惑行為は絶対にやめましょう。

 歩道を占拠しない
歩道に敷物を敷き詰めて、他の方が歩けないようにするのはやめましょう。

 道路にはみ出さない
毎年車で観に来る人もいまして、脇見運転をしている人も多いです。ですから道路にはみ出して観覧していると車にひかれる可能性もありますので注意しましょう。

みんなでマナーを守って、楽しく花火が観られればいいですね。


こちらの記事もオススメです