血中コレステロール上げる食品はマヨネーズやたまごなのか?

スポンサーリンク

血中コレステロールが上がることをを気にして、マヨネーズやたまごを摂取するのを控えていませんか。

それは無駄な努力です。そんな節制はしなくてもいいんです。

「本当に?!」と半信半疑な人はぜひ続きをお読みください。

私は血液検査でいつも総コレステロールが高いと指摘されています。まあ高いといっても薬を飲むほどではないので、やっぱり何か対策をしないといけませんよね。

スポンサーリンク



血中コレステロールを下げる方法

血中のコレステロールを下げるために、いろいろな方法が提唱されていますね。

たとえば、

  • コレステロールを下げる食物(青魚など)をがんばって食べる
  • コレステロールをたくさん含む食物(卵、油、マヨネーズなど)をたくさん摂らない
  • 運動する
  • コレステロールを下げる薬やサプリメントを飲む

などなど、血中コレステロールが高い人なら一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

この中でも今回注目するのは、コレステロールを含む食物をたくさん摂らないです。

私の場合、薬を飲むほどでもないし、運動は続かないし、魚はあまり食べないし、上記の4つの中ならこれが一番やれそうな気がしていました。

卵好きなんですよねぇ。油っこい食べ物も大好きですし、マヨネーズはよくつけるんです(T_T)

血中コレステロール上げる食品はマヨネーズやたまごではない!

こんな私だからこそ、減らせる分も多く、卵は1日に1つとか、揚げ物はできるだけ避けるとか、マヨネーズを使わないようにするとか、自分なりにがんばっていました。

そうして前回の血液検査から6ヶ月が経過し、迎えた血液検査。けっこう楽しみにしていました。

後日手渡された結果は、なんと総コレステロールは上がっていました(*_*;

なんでやねんって突っ込む私に、医師からひと言。

「総コレステロールなんか体質とか遺伝の問題やから、努力したって変わらんよ。無駄無駄

∑(゚д゚lll)ガーン

なんてこと言いますか。この半年の努力を返してくれーーーーー!

実は血液の中のコレステロールのうち、摂取する食事から影響を受けるのは2~3割と言われています。ですからマヨネーズやたまごをたくさん食べていても、その影響はそれほど大きくないのです。

体内でコレステロールを調整する機構も働くので、結局は個人の体質や遺伝の影響によるものが大きいのです。

食事で摂取するコレステロールは、実際に血中コレステロールとはあまり関係ないんですかねぇ。

そういえば去年大学時代の友人と会ったときに、同じ話をしてた子がいてましたが、その子もマヨネーズや揚げ物を全部断っても次回の検査の結果は変わらなかったようです。

それを裏付けるように2015年2月にアメリカ保健福祉省と農務省の食生活指針諮問委員会発表した「アメリカ人の食生活に関するガイドライン」(5年ごとに改訂)では、「コレステロールは過剰摂取を懸念すべき栄養素とは見なさない」としました。

簡単に言うと「コレステロールを過剰に摂取しても血中コレステロールには関係ないよ」ってことです。

うすうす感じている方もいらっしゃっるかもしれませんが、アメリカの報告書を見ると信ぴょう性がありそうです。

実はそれに先立って2014年に厚生労働省が発表している「日本人の食事摂取基準(2015 年版)の概要」でもコレステロールの摂取目標量が削除されてるんですよね。

参照) 日本人の食事摂取基準(2015 年版)の概要

ということは、血中コレステロールが高くても、普通に摂取する分にはマヨネーズやたまごは大丈夫なようです。

ちょっと安心しましたε-(´∀`*)ホッ

まとめ

血中コレステロールを下げるために、マヨネーズや揚げ物を我慢しなくてもいい!これはかなり朗報です。

ただし、体質にしろ人それぞれ何か原因があるでしょうから、そのあたりは医師に聞いてはっきりさせた方がいいかもしれませんね。

また摂取するコレステロールからも2~3割は影響を受けるようですので、なんでもかんでもマヨネーズをかけるような生活は控えた方がよさそうです。


こちらの記事もオススメです