ボクシング 村田諒太・井上尚弥の次戦のテレビ放送は?

スポンサーリンク

ボクシング界注目の2人の次戦が近づいてきましたので、詳細をお伝えします。

ボクシング村田諒太・井上尚弥の次戦の放送は

昨年のロンドンオリンピックで金メダルを獲得し、満を持して今年の8月にプロデビューを果たした村田諒太選手。

そのデビュー戦の結末は東洋太平洋チャンピオン相手に、衝撃のKO決着でした。

同日プロ4戦目にして、日本タイトルマッチに挑んだ怪物・井上尚弥選手は、KOこそできなかったものの大差の判定で日本チャンピオンになりました。

あれから3ヶ月余り、注目の2人がリングに帰ってきます。今回はWBC世界フライ級王者の八重樫東選手のタイトルマッチと組み合わせて、注目の3試合が同時に楽しめます。

組み合わせ
WBC世界フライ級タイトルマッチ

八重樫東 対 エドガル・ソーサ

注目ポイント
八重樫選手にとっては2度目の防衛戦になります。今回は史上最強のボディが完成したと報道されていましたので、ファンが期待するKO決着はあるのか?!

対するエドガル・ソーサは元WBCライトフライ級王者で同級1位。今回は2階級制覇を狙っている。エドガル・ソーサといえば日本人キラーで、対日本人は現在4戦4勝で負けなし。キャリア豊富で老練な試合運びに巻き込まれないようにしたい。

ノンタイトルマッチ(161ポンド契約)8回戦

村田諒太 対 デイブ・ピーターソン

注目ポイント
村田選手の対戦相手は14戦13勝(8KO)1敗のハードパンチャー。来年には海外での試合や世界タイトル戦も視野に入るため、ここでつまずくわけにはいかない。
東洋太平洋ライトフライ級王座決定戦

井上尚弥 対 ヘルソン・マンシオ

注目ポイント
井上選手はこの試合に勝てば、次戦は世界戦を視野に入れている。6戦目での世界タイトルダッシュは現世界チャンピオン・井岡一翔の7戦目を抜き最速の記録となる。

ただし前回の日本タイトルマッチで後半に疲れからやや押し込まれるシーンもあった。プロとして長丁場を戦うことに、まだまだ慣れていないことは否めない。

そのあたりをどう克服していくのか、試合序盤でのKO決着よりもラウンドを重ねたときにどう戦うのか、そのあたりに注目したい。

放送予定

今回もフジテレビ系列で「ダイヤモンドグローブSP」として放送されます。

時間:12月6日(金) 21:00~22:52

時間が遅すぎるのと、3試合あるのに2時間枠になっているのが気になりますが、生中継ではないのでしょうか?^^;

先日TBS系列で放映された亀田興毅選手の試合など、あまり明るい話題のないボクシング中継ですので、ボクシングの楽しさが伝わるようにしっかり放送してもらいたいですね。


こちらの記事もオススメです