夏の甲子園で初出場・初優勝した高校は?

高校野球の選手権大会では初出場校が活躍することがありますが、過去95回の大会中、初出場校が決勝まで進出したケースを調べてみました。

記憶に残る名勝負がたくさん生まれた第95回の夏の甲子園大会も、昨日熱戦が終了しました。

 

今大会優勝したのは、初出場だった群馬県代表の前橋育英でした。

初出場での決勝戦進出は、2004年の第86回大会の済美以来です。ただし済美はこのとき田中将大投手(現・東北楽天ゴールデンイーグルス)率いる駒大苫小牧(南北海道)に敗れて準優勝でした。

初出場での初優勝となると、1991年の第73回大会の大阪桐蔭までさかのぼる快挙といえるでしょう。

 

夏の甲子園に初出場で初優勝した高校は?

では実際に初出場校はどれぐらい決勝戦に進んでいるのでしょうか?初出場での決勝進出の歴史を振り返ってみましょう。

第1回大会は全校初出場なので除外しますね。

※この表は左右にスクロールできます。

大会優勝校都道府県スコア準優勝校都道府県
第2回1916年慶応普通(東京6対2市岡中大阪
第3回1917年愛知一中愛知1対0関西学院兵庫
第5回1919年神戸一中兵庫7対4長野師範長野
第8回1922年和歌山中和歌山8対4神戸商兵庫
第9回1923年甲陽中兵庫5対2和歌山中和歌山
第15回1929年広島商広島3対0海草中和歌山
第17回1931年中京商愛知4対0嘉義農林台湾
第21回1935年松山商愛媛6対1育英商兵庫
第22回1936年岐阜商岐阜9対1平安中京都
第31回1949年湘南神奈川5対3岐阜岐阜
第32回1950年松山東愛知12対8鳴門徳島
第35回1953年松山商愛媛3対2土佐高知
第37回1955年四日市三重4対1坂出商香川
第46回1964年高知高知2対0早鞆山口
第47回1965年三池工福岡2対0銚子商千葉
第50回1968年興国大阪1対0静岡商静岡
第53回1971年桐蔭学園神奈川1対0磐城福島
第56回1974年銚子商千葉7対0防府商山口
第57回1975年習志野千葉5対4新居浜商愛媛
第58回1976年桜美林西東京4対3PL学園大阪
第69回1987年PL学園大阪5対2常総学院茨城
第73回1991年大阪桐蔭大阪13対8沖縄水産沖縄
第86回2004年駒大苫小牧南北海道13対10済美愛媛
第95回2013年前橋育英群馬4対3延岡学園宮崎

赤字が初出場で決勝まで残った高校。

初出場で決勝に進出した高校は26校

その内初出場・初優勝を達成したのは14校

いまや強豪に成長した常総学院や大阪桐蔭の名前もありますね。

 

スポンサードリンク

夏の甲子園で初出場・初優勝が多い理由

初出場校が多かったから

まず第1~20回大会あたりは、当たり前なのですが初出場校が多かったことと、参加校数が少なかったので、初出場でも優勝する可能性が高かった。

それを象徴するように、第2回や第17回では初出場同士の決勝が行われています。

春の選抜大会を経験している

「夏の甲子園大会初出場・初優勝」といっても、春の選抜大会には出場していることはあり、甲子園自体が全く初めてというわけではありません。

ちなみに前橋育英も選抜大会には2011年の第83回大会に出場して、一回戦で九州国際大付に1対7で負けています。

第73回大会優勝の大阪桐蔭も同じ年に行われている選抜大会で準々決勝まで進出していますので、春夏連続出場していることになります。

 

戦後に限って言えば、春夏通じて初めて甲子園に出場し、初優勝を飾ったのは、第31回大会の湘南、第47回大会の三池工、第53回大会の桐蔭学園の3校だけです。

また初出場・初優勝を成し遂げた他の学校は、優勝した大会以外にも甲子園に出場していますが、三池工は優勝した第47回大会に出場しただけで、その他選抜大会にも出場していいない唯一の高校です。

 

10年に1回程度の割合で、初出場校が決勝に進出していますので、今度進出できるのは10年後ぐらいですかね。期待sて待ちましょう。

テキストのコピーはできません。