春夏通じて初めての甲子園で優勝した高校は?

スポンサーリンク

高校野球の歴史において、選抜大会にも選手権大会にも出場したことがない高校が、初出場で初優勝を達成したことはあるのでしょうか。

春夏通じて初めての甲子園で優勝した高校は?

高校野球を見ていると、よくこんなフレーズをよく聞きます。

「◯◯高校が史上△校目の初出場・初優勝を成し遂げました!」

初めて出場した大会で、初優勝したということなのですが、このフレーズを正しく言い換えると、

「◯◯高校が史上△校目の選手権大会、初出場・初優勝を成し遂げました!」

となります。

イラスト「どこが違うの?」と、首をかしげたくなりますが、問題はその大会に初出場なのかどうかということです。

わかりやすく極端な例を挙げると、春の選抜大会には50回出場していて、名門と言われる高校でも、夏の選手権大会は初出場という可能性もあります。

先ほどのフレーズが意味しているのはあくまでも、
「その大会に初めて出場した」
ということであって、選抜大会、選手権大会のどちらかとは記載されていません。

もし50回春の甲子園に出場しているチームであれば、夏が初出場だからといっても監督も選手も浮足立つことなく、名門校の実力を発揮できるかもしれません。

そう考えていると、ひとつの疑問が湧いてきました。

本当の意味での初出場・初優勝
「春夏を通じて初めて出場した甲子園の大会で、初優勝した高校はあるのか」

春夏を通じて初出場で初優勝した高校

調べてみるとけっこうたくさんありました。

選抜大会
大会高校都道府県スコア高校都道府県
第11回昭和9年東邦商(愛知)2対1浪華商(大阪)
第22回昭和25年韮山(静岡)4対1高知商(高知)
第25回昭和28年洲本(兵庫)4対0浪華商(大阪)
第36回昭和39年徳島海南(徳島)3対2尾道商(広島)
第40回昭和43年大宮工(埼玉)3対2尾道商(広島)
第44回昭和47年日大桜丘(東京)5対0日大三(東京)
第56回昭和59年岩倉(東京)1対0PL学園(大阪)
第57回昭和60年伊野商(高知)4対0帝京(東京)
第67回平成7年観音寺中央(香川)4対0銚子商(千葉)
第76回平成16年済美(愛媛)6対5愛工大名電(愛知)
選手権大会
大会高校都道府県スコア高校都道府県
第31回昭和24年湘南商(神奈川)5対3岐阜(岐阜)
第47回昭和40年三池工(福岡)2対0銚子商(千葉)
第53回昭和46年桐蔭学園(神奈川)1対0磐城(福島)

2013年秋現在では、選抜大会においては10校、選手権大会においては3校、計13校が春夏通じて初めての甲子園で優勝を飾っています

みなさんは、何校ご存知でしたか。


こちらの記事もオススメです