プロ野球で1シーズン50本以上ホームランを打った選手は?

プロ野球にはさまざまな記録がありますが、今回は1シーズンの本塁打記録についてみていきましょう。

ご存知の方も多いと思いますが、いちおう1シーズンの本塁打記録を確認しておきましょう。

プロ野球のシーズン記録は、2013年にバレンティン(東京ヤクルトスワローズ)が記録した60本です。

それ以前は、1964年に王貞治(巨人)が記録した55本で、不滅に大記録として50年近くも破られてきませんでした。

 

1985年に阪神タイガース最強の助っ人・ランディ・バースさんが残り2試合で54本、あと1本と迫って迎えたのが、王が監督を務める巨人だった。

第1戦は江川が真っ向勝負して抑えこんだものの、最終戦は明らかな敬遠で第4打席まで終了。第5打席はなんとか安打するものの、ホームランの記録は達成できなかった。

監督だった王氏は敬遠策を支持していないとコメントしているが、投手コーチからの指示で敬遠策はあらかじめ決まっており、後味の悪い試合となった。

 

ところでバレンティン、王貞治、バース以外にシーズン50本塁打を記録した選手は誰かご存知ですか。

意外にもたくさんいるのです。

 

プロ野球で1シーズン50本以上本塁打を打った打者

年数本数選手名球団
2013年60本バレンティンヤクルト
1964年55本王貞治巨人
2001年55本ローズ近鉄
2002年55本カブレラ西武
1985年54本バース阪神
1963年52本野村克也南海
1985年52本落合博満ロッテ
1950年51本小鶴誠松竹
1973年51本王貞治巨人
2003年51本ローズ近鉄
1977年50本王貞治巨人
1986年50本落合博満ロッテ
2002年50本松井秀喜巨人
2003年50本カブレラ西武

 

ただでさえ難しい1シーズン50本塁打を2回以上記録した選手もいます。

3回王貞治巨人1964年55本
1973年51本
1977年50本
2回ローズ近鉄2001年55本
2003年51本
カブレラ西武2002年55本
2003年50本
落合博満ロッテ1985年52本
1986年50本

 

この記録をやぶる選手はいつか現れるのでしょうか。

テキストのコピーはできません。