スキーアスロンとは?

冬季オリンピックのクロスカントリースキーの競技に、スキーアスロンという競技があるのですが、どのような競技かご存知ですか。

 

スキーアスロンって聞きなれない名前だと思います。私も初めて聞いたときには「どんな競技なんだろう?」と思いました。

そんな方のために今回はスキーアスロンについて調べてみました。

 

スキーアスロンを知る前にトライアスロンを知る

まず「アスロン」って聞いて真っ先に思いつくのは、「トライアスロン」ではないでしょうか。

トライアスロンとはスイム(水泳)、バイク(自転車)、ラン(ランニング)の3種目で争われる競技で、ヨーロッパではトップオブアスリートとして人気があります。

「アスロン」は英語で「athlon」と表記し「競技」を意味します。ではスキーアスロンとはどのような競技なのでしょうか。

 

スポンサードリンク

スキーアスロンとは?

スキーアスロンを説明するまえに、クロスカントリースキー競技の2つの走法についてまずご説明しておきます。

クラシカル走法

文字で説明するよりも先にご覧ください。

ものすごく簡単に説明すると、坂道以外はスキーをハの字に開かずに、スキー板を前後滑らせたり、ストックで走行します。

フリー走法

フリーの字が示す通り、走法は自由です。スピードスケートのようにスキー板で地面を蹴って前進します。

これも動画を見た方がわかりやすいので、動画をご覧ください。

スケーティング技術が生かされていて、クラシカルとは違うのがわかりますよね。

 

そしてスキーアスロンとはクラシカル走法とフリー走法の2つを連続して行う競技です。

 

ここでひとつポイントがあります。

クラシカル走法とフリー走法を連続して行うのですが、クラシカルとフリーではスキー板など使う機材が違うので、クラシカルからフリーに移る際にそれを履き替えます。

その履き替え時間も含めて競技となりますので、いかに早く準備できるかも勝負の分かれ目になります。

 

冬季オリンピックでは女子が15km(クラシカル7.5km+フリー7.5km)、男子が30km(クラシカル15km+フリー15km)で争われます。

テキストのコピーはできません。