東京都心の積雪ベスト10を発表!最高何cm積もったの?

先日の大雪で大混乱に陥った東京ですが、以前もっとひどく雪が積もった日もありました。

2018年1月22日、東京は記録的な大雪に見舞われました。このときの都内の積雪は23cmでした。

仕事を早く終わらせて帰る人もいましたが、夕方からは駅で入場規制が始まり、バスやタクシーにも長蛇の列で本当に大変でしたよね。

でも東京にはもっともっと雪が降り積もった日があります。記憶に新しいところでは、2014年2月8日から9日にかけて関東には何十年ぶりの大雪が降り、各地で記録的な積雪を記録しました。

このときも雪に慣れていない都心部では雪による事故が多発し、電車も雪のためにダイヤが大幅に乱れ、交通機関は機能を失っていました。

さらに同年2月15日にかけて都心には大雪がつもり、電車が衝突するなどの事故も起こりましたね。覚えていますか?

 

今回は東京都心の積雪の記録はどれぐらいなのでしょうか。気になるので調べてみました。

 

東京都心の積雪ベスト10

※この表は左右にスクロールできます。

日付積雪量
11883年(明治16年)2月8日46㎝
21945年(昭和20年)2月22日38㎝
31936年(昭和11年)2月23日36㎝
41951年(昭和26年)2月15日33㎝
51887年(明治20年)1月18日31㎝
61969年(昭和44年)3月12日30㎝
71954年(昭和29年)1月25日
81925年(大正14年)1月30日27㎝
92014年(平成26年)2月9日、2月15日

 

一番の積雪を記録しているのは明治16年の46㎝です。46㎝という記録も驚きですが、130年前の記録がしっかり残っているのも驚きですね。

記録をみると明治、大正、昭和初期の記録ばかりで、平成に入ってからの記録でランクインしているのは2014年だけです。

2018年1月の23cmでもトップ10に入らないんです。

意外と東京にも大雪が降ってるんですね。

テキストのコピーはできません。