バレーボールの4大大会とは?オリンピックとあと3つはなに?

バレーボールにはいろいろな大会があり、区別がつかない人もいるのではないでしょうか。

そんな人のために、バレーボールの世界4大大会について調べてみました。

 

日本ではバレーボールの国際大会がたくさん行われるのですが、見ているとどれがどの大会なのかわからないことがあります。

オリンピックはわかるんです。それはあなたも同じですよね。

 

ややこしい理由はふたつあって、

  1. 「世界」「ワールド」という文字が使われているため区別しにくいから。
  2. どの大会のテレビ中継でも「世界一を決める」と煽るから。
です。

今回は簡単に区別できるようにわかりやすく解説しますね。

 

バレーボールの4大大会とは?

まず最初にバレーボールの4大大会とは以下の4つを指します。

  • オリンピック
  • 世界バレーボール選手権
  • ワールドカップ
  • ワールドグランドチャンピオンズカップ

それぞれの特徴はこんな感じ。

オリンピック

これは説明はいらないでしょう。4年に1度行われる夏のスポーツの祭典です。

オリンピックには開催国を含む、男女各12ヶ国が出場できます。

世界バレーボール選手権

通称「世界バレー」。オリンピックと同じぐらい権威のある大会。(でもやっぱりオリンピックの方に価値を感じる)

オリンピックはバレーボールだけではなく他の競技も行われますが、バレーボール単独の大会のでは世界バレーが一番大きな大会となります。

サッカーでいうワールドカップに相当すると考えてください。

男女各24ヶ国が参加します。

ワールドカップ

ワールドカップという名称ですが、バレーボールのワールドカップはサッカーのワールドカップとは少し意味合いが違います。

バレーボールのワールドカップは、オリンピックや世界バレーに比べるとやや小さい大会です。

大陸の代表や開催国、国際バレーボール連盟の推薦国など男女各12ヶ国が集まって大会が行われます。

ワールドグランドチャンピオンズカップ

通称「グラチャン」。

各大陸の王者とワイルドカード1国、開催国が集まり、世界一を決める大会。

 

このように1年ごとの大会として見れば、どのような大会で、どこに注目すればいいのかわかりやすいですね。

スポンサードリンク

バレーボール4大大会の開催の順番は?

簡単にご紹介すると上記のようになるのですが、行われる順番を見れば大会の雰囲気がつかみやすいと思います。

実はバレーボールの4大大会は、毎年ひとつずつ行われていて、4年をひとつのサイクルとして回っています。

2016年のリオデジャネイロオリンピックから、2020年の東京オリンピックまでを例にとるとこんな感じです。

  • 2016年
    リオデジャネイロオリンピック
    名実ともに世界最大のバレーボールの大会。
  • 2017年
    グラチャン
    オリンピック翌年ということもあり、チームの若返りがはかられる。
  • 2018年
    世界バレー
    オリンピックとオリンピックの間にあり、監督やチームにとって世界での立ち位置を占う大事な大会。またバレーボール単独の大会では一番権威がある大会なので、どの国も本気でタイトルを獲りにくる。
  • 2019年
    ワールドカップ
    大会自体の規模は小さいが、上位チームに翌年のオリンピックの出場権が与えられるため、オリンピック予選の意味合いが強い大会。
  • 東京オリンピック
    そして再びオリンピックに戻る。
スポンサードリンク

バレーボールの4大大会を観るときのポイントは?

最後にバレーボールの4大大会を観るときのポイントをお伝えします。

4大大会を観るときのポイント
この大会にはどんな意味があるのか理解する。

なぜなら、大会によって意味合いが全くことなるからです。

たとえば、言葉は悪いですがグラチャンは世界バレーほど盛り上がりません。

ただグラチャンは世代交代の時期にあたり、新しく全日本に加わった若手選手がどこまで世界に通用するのか、それを楽しみに観ればいいのです。

若手が全然活躍できず、オリンピックにも選ばれていたメンバーが活躍すれば新旧交代がうまくいっていないことを意味します。

そういう目で観れば、またおもしろさが変わってくると思いますよ。

テキストのコピーはできません。